FXには、潜在的なリスクがあるため、それらをしっかり認識しながら、取引を行うべきです。

初めてのFX

潜在的なリスク

生活そのものには、リスクがあると見なすことができます。
これは、保険が成り立つ由縁でもありますが、将来何が起きるかわからないというのが、リスクであり、それについては、一定の認識を持ちながら、日々を過ごすのが大事になるのでしょう。
これは、金融にも当てはまることであり、将来何が起きるかわからないことと同時に、大きな損失を意味しています。
FXの場合、ハイリスク・ハイリターンの投資と言われるように、リスクが大きくなるものです。
このため、種々のものをきちんと理解しておくことが、大切なようです。
では、一体、どのようなリスクがあるのでしょうか?
まず、為替変動リスクです。
これは、外国為替相場が、必ずしも期待通りにならないことを意味し、円安を狙っていたのに、円高になり、売買をして損をすることなどです。
また、金利変動リスクがあります。
これは、金利が変わってしまうことの損失であり、経済政策の突然の変更、あるいは、市場によっても、変わってしまうことがあります。
また、今の時代であれば、システムリスクを考慮すべきでしょう。
これは、コンピュータシステムの故障などで、注文できず、大きな損失を被るものです。
あるいは、信用リスクというものがあります。
これは、業者が倒産し、証拠金を失ってしまうリスクです。
今では、信託保全などがありますが、それでも、FXは基本的に銀行のようなセーフティーネットがないため、十分理解しておくべきことでしょう。
なお、法律や税制変更なども、リスクとなり得ます。
これらは、金融当局の判断なども関係するため、日々に経済ニュースなども、チェックすべきでしょう。
いちおし系サイトご案内
1位マネースクウェアジャパン
2位DMM FX
3位GMOクリック証券
4位マネックスFX
5位FXCMジャパン証券
記事検索

Web検索 ページ内検索
ブックマークする For SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright(c) 2017 初めてのFX All Rights Reserved.