各国の通貨は、外国為替相場においては、それぞれの一般的な傾向があるようです。

初めてのFX

通貨にも傾向

外国為替相場においては、いろんな通貨が取引されています。
メジャー通貨もあれば、そうでないものもあります。
自由取引であるため、価格は市場が決定すると言えますが、それでも各通貨には、一般的な傾向があります。
FXにおいては、こういう通貨傾向を知っておくことも大切です。
まず、代表的な通貨と言えば、ドルになるでしょう。
アメリカの通貨であり、現在の基軸通貨です。
傾向としては、国際政治に大きく影響を受け、アメリカが関わっていなくても、同様なようです。
また、アメリカ当局が定期的に経済指標を発表し、そのタイミングに合わせ、ドル相場が動くとも言われています。
また、ユーロも、代表的な通貨となっています。
現在、利用国の債務危機があり、通貨の存続論自体が出てきていますが、EUの統一通貨であり、国際決済通貨としても、ドルに続くものとなっています。
傾向としては、ドルに対抗するものであり、ドル相場の反対の動きをするようです。
三つ目に、ポンドになります。
これは、イギリスの通貨であり、歴史の古い通貨でもあります。
かつての基軸通貨であり、傾向としては、一日の動きが激しいところです。
円であれば、数十円動くことが当たり前であり、これは、ロンドン市場がドルとユーロの経由地と化していることから来ているようです。
以上、代表的な通貨の傾向ですが、これらは、あくまで一般的なものです。
実際には、異なった動きをすることもあり、FXではリアルタイムの為替レート確認が、大事になるでしょう。
いちおし系サイトご案内
1位マネースクウェアジャパン
2位DMM FX
3位GMOクリック証券
4位マネックスFX
5位FXCMジャパン証券
記事検索

Web検索 ページ内検索
ブックマークする For SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright(c) 2017 初めてのFX All Rights Reserved.