FXにおいては、為替レートに上乗せするスプレッドが、業者の実質の手数料となっています。

初めてのFX

コストについて

銀行振り込みは、お馴染みのものですが、通常、振り込み手数料が掛かります。
今では、銀行によって、料金体系が異なり、一定の条件下で無料というところもあります。
利用者によっては、コストに該当するため、非常に重要なものです。
投資においても、手数料は付きものであり、インターネット取引が浸透した今では、手数料も非常に安価になっています。
そうであっても、手数料があることが当たり前のようであり、できるだけ、安く済ませたいのが、投資家に共通していることでしょう。
しかし、FXにおいては、手数料というものがありません。
口座維持管理費用などもなければ、取引手数料もありません。
日本版金融ビッグバンが実施されたばかりの頃は、インターネット取引でも、手数料が発生することが一般的でしたが、今では無料であるのが、当然のようになっています。
そうは言っても、手数料は、金融機関の収益となります。
FXでも、業者が受け取る実質的な手数料があります。
それが、スプレッドになっています。
これは、為替レートの広がりを意味し、外国為替相場の段階で、売り買いの間に差が出ています。
これは、取引自体が買いと売りで別々なため、同一にできないということもあるのでしょう。
FX業者は、それに収益分を換算し、投資家に価格提示できるようになっています。
これは、法律で認められていることであり、結局、投資家としては、提示レートで取引をすれば、内税のように、手数料を支払っていることになります。
しかし、法律上、投資家に不利になるような価格設定は禁じられています。
なお、スプレッドは、人気通貨程、低い傾向があります。
キャンペーンなどでは、ドルと円のスプレッドがゼロというものもあり、そういうタイミングに合わせ、口座開設をする投資家も多いようです。
いちおし系サイトご案内
1位マネースクウェアジャパン
2位DMM FX
3位GMOクリック証券
4位マネックスFX
5位FXCMジャパン証券
記事検索

Web検索 ページ内検索
ブックマークする For SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright(c) 2017 初めてのFX All Rights Reserved.