FXの収益方法には、為替差益と金利差益の二つがあり、前者がキャピタルゲイン、後者がインカムゲインとなっています。

初めてのFX

収益方法も知っておこう

投資の目的と言えば、収益を上げ、お金を増やすことです。
これは、いずれの投資においても、共通していることです。
しかし、株式の場合、会社の所有者にもなるため、必ずしもお金だけが目的ではない人もいるようです。
そうは言っても、投資がお金を増やす手段であることに変わりはありません。
もちろん、FXにおいてもいます。
では、FXの収益方法とは、どういうものでしょうか?
まず、FXの収益方法には、2つのものがあります。
一つ目は、為替差益になります。
これは、キャピタルゲインに相当するものであり、FXの収益の中でも大きな部分を占めるものです。
FXは、外国為替相場を元にした投資です。
独自の市場で為替相場の動きに合わせ、売買を行います。
そこで差額が生じることで、収益となります。
たとえば、1ドル80円で買いをし、1ドル90円で売りをすれば、その差額が儲けとなります。
しかし、FXは、空売りも認められているため、その逆でも収益を上げる可能性があります。
すなわち、1ドル90円の時に売りをし、1ドル80円の時で買いをすることで、差額が生じ、収益となることです。
これは、円安でしか収益とならない外貨預金と大きく異なる点です。
二つ目が、金利差益です。
通貨には、それぞれ金利があり、その差額が収益となります。
インカムゲインの一つであり、ゼロ金利の続く円であれば、収益のチャンスがあります。
しかし、FXの金利差益は、金利の低い通貨から金利の高い通貨の買い状態を保持し、概ね一日経てば、発生するようになっています。
スワップポイントと呼ばれていますが、発生する金額の計算などは、業者毎で異なっているため、その点については、注意が必要です。
以上、FXの収益方法であり、これらを利用することで、効果的な投資を行うことが、大事なようです。
いちおし系サイトご案内
1位マネースクウェアジャパン
2位DMM FX
3位GMOクリック証券
4位マネックスFX
5位FXCMジャパン証券
記事検索

Web検索 ページ内検索
ブックマークする For SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright(c) 2017 初めてのFX All Rights Reserved.