FXがハイリスク・ハイリターンの投資である由縁は、証拠金制度とレバレッジにあるようです。

初めてのFX

証拠金とは何か

投資を行う場合、資金が必要なことは、実に当たり前のことです。
セオリーとしては、生活資金を使わないようにすることであり、あくまで余剰資金を利用することが、重要なようです。
FXにおいても、同様なことがあてはまり、投資資金として、証拠金を利用することになります。
しかし、FXの場合、現物が動かないこともあり、証拠金は、担保金のようでもあります。
取引に利用するためには、一定の証拠金を必要とします。
FXの主催元で割合が決められ、なおかつ、通貨ペア毎に決められています。
取引開始前に、きちんと確認することが大事でしょう。
また、FXにおいては、レバレッジが利用できます。
これは、てこの原理を意味し、少ない証拠金でも、多額の取引が可能なことです。
通常は、倍率を選ぶことになり、たとえば、100倍であれば、取引額も100倍まで利用できるようになります。
もちろん、収益もレバレッジに従います。
しかし、損失も同じであり、状況によっては、元本割れを起こすことがあります。
このため、FXがハイリスク・ハイリターンの投資である由縁となっています。
そうは言っても、2008年の世界同時不況が金融不況の一種でもあり、日本では、いち早くFXのレバレッジ規制を行うことになりました。
対象は、個人投資家のみですが、今では、レバレッジが25倍までとなっています。
確かに、かつてのような100倍というものはありませんが、それでも、少ない証拠金で多額の取引ができることは、確かなことのようです。
この点を重々承知しておくことが、大事でしょう。
いちおし系サイトご案内
1位マネースクウェアジャパン
2位DMM FX
3位GMOクリック証券
4位マネックスFX
5位FXCMジャパン証券
記事検索

Web検索 ページ内検索
ブックマークする For SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright(c) 2017 初めてのFX All Rights Reserved.