不透明な状況ですが、将来国際金融制度が見直されれば、FXにも影響を与えるでしょう。

初めてのFX

FXの未来とは

世界同時不況が起きてから、数年の月日が経っています。
当時よりは、持ち直した感じがしますが、まだまだ世界経済自体に元気がないようです。
ヨーロッパは、二度目の不況には入ったようで、通貨危機までが指摘されています。
世界同時不況が発生した時、国際金融制度の見直しが叫ばれました。
ヨーロッパを中心としたものですが、現在、そのヨーロッパが自分たちの危機を乗り越えるために、精一杯の状況であり、国際金融制度の見直し論が、進行していないように見受けられます。
しかし、ひと段落した後、再び見直し論がもたげてくる可能性があります。
仮に見直し論が起き、本格的に制度改善が行われれば、必然的にFXにも影響します。
国際金融制度の中には、外国為替相場も含まれ、現在のようなあり方が正しいのか否かが焦点となります。
新しい制度の創設も可能性としてあるようですが、もっとも現実的なものが、規制のようです。
特に、投資を投機にしてしまうような法人への規制が、可能性としてあるようです。
個人投資家であれば、日本のレバレッジ規制のようなことが起こり得ますが、国際金融制度の中で、それはあまり現実的ではないかもしれません。
いずれにせよ、いずれは、国際金融制度の見直しが起きるかもしれません。
今は、まだ不透明ですが、それを十分念頭にしながら、FXを行っていく方が、賢明かもしれません。
そのためにも、FXの仕組みをしっかり理解しておくことも、大事であると言えるでしょう。
1位マネースクウェアジャパン
2位DMM FX
3位GMOクリック証券
4位マネックスFX
5位FXCMジャパン証券
記事検索

Web検索 ページ内検索
ブックマークする For SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright(c) 2017 初めてのFX All Rights Reserved.